施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の図書館情報を無料で検索できます。

ホームメイト図書館リサーチ

図書館情報

図書館サービスとは?
~貸出サービスについて



図書館では、利用者に向けて様々なサービスが提供されています。認知度の高い公共機関である図書館ですが、意外に多いサービス内容の中には、一般の人にあまり知られていないものもあります。ここでは図書館の主なサービスについてまとめます。

図書館サービスの種類

図書館サービスの種類

図書館が行なっているサービスのことを「図書館奉仕」と言います。代表的な図書館サービスとしては貸出、複写とレファレンスサービスに分けることができます。ここでは、貸出サービスが具体的にどういうものかを見ていきます。

貸出とは

貸出とは図書館用語であり、その図書館が所蔵している図書や資料を決められた期間、利用する人に貸し出すことができるというものです。しかし、際限なく借りられるという訳ではなく、多くの図書館では貸出の期間と冊数が決められています。その点については、それぞれの図書館のルールにしたがう必要があります。

図書館間相互貸借

図書館間相互貸借とは、要望に応じて、資料を所蔵している他の図書館から借りることを言います。このサービスのおかげで、利用者はより多くの資料を閲覧できるようになります。多くの場合は同一都道府県内の図書館から借りることになります。

貸出のための工夫

図書の不正持出防止や貸出管理の簡易化のための工夫を紹介します。

書籍JANコード
書籍の裏などについている2つのバーコードを書籍JANコードと言います。このコードには様々な情報が詰まっており、出版された国、出版社、書名の他、図書分類や価格などが専用の読み取り機から分かります。このバーコードをスキャンすることでデータベースを検索したり、貸出の操作に利用したりできます。
ICタグ
バーコードリーダーでは複数の本の一括処理などができないため、貸出のときに1冊ずつしか貸出処理ができません。しかし、バーコードの代わりにICタグを取り入れることで、複数の資料を一括で処理できるため、一気に貸出操作を行なうことができ、時間の短縮になります。

複写とは

機材を使って図書や雑誌、新聞などの紙の資料をコピーすることができます。図書館における複写は2つのタイプに分けられます。ひとつは図書館にコイン式複写機を設置するタイプです。これは市区町村立の図書館や大学図書館で多く導入されており、図書館スタッフの手間を省くことができます。人手が少ない場合には有効的な方法です。

もうひとつは専用のカウンターに申込んで複写を行なうタイプです。こちらは大きな図書館の閉架図書(一般開架されていない図書)などで導入されています。これは図書館資料への損傷を軽減することができるというメリットがあります。