ご希望の図書館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
図書館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

図書館情報

宗教の本



宗教は1類における哲学の項目のひとつです。哲学の中で宗教に関することは4つに分類されています。宗教という分類について詳しく見ていきます。

宗教の本について

宗教の本について

宗教について、哲学の中では、宗教、神道、仏教、キリスト教の項目があります。それぞれの項目や代表的な本についてまとめました。

宗教(160)

宗教は宗教学・宗教思想、宗教史・事情、原始宗教・宗教民俗学など9つに分類することができます。

宗教の代表的な本

『池上彰の宗教がわかれば世界が見える』(池上彰著/文藝春秋)

テレビでもおなじみの池上彰さん著で2011年に出版されました。南無阿弥陀仏の意味や、コーランとは何なのかなど、耳にしたことはあるけれど、詳しくは分からない宗教のあれこれについて分かりやすく解説します。

『テレビと宗教:オウム以後を問い直す』(石井研士著/中央公論新社)

2008年に出版されました。オウムの事件を境界線に、日本の精神風土が世界から見てどのようなものか客観的に解説していきます。

神道(170)

神道は神道思想・神道説、神祇・神道史、神典、信仰録・説教集など、8つに分類されています。

神道の代表的な本

『神道とは何か:神と仏の日本史』(伊藤聡著/中央公論新社)

2012年に出版されました。神道は日本固有の民族宗教と言われています。その神道がどのように生まれたのかなどについて、その形成に至るまでをたどっていきます。

仏教(180)

仏教は仏教教理・仏教哲学、仏教史、経典、法話・説教集など、8つに分類されています。

仏教の代表的な本

『知っておきたい仏教常識としきたり』(大法輪閣編集部編/大法輪閣)

大法輪閣という出版社から編集部編で2011年に出版されました。仏教という言葉を知っていても、仏教のしきたりについて詳しく知っている人は多くはありません。そんな基本的な仏教についての常識やしきたりを分かりやすく解説します。

キリスト教(190)

キリスト教は教義・キリスト教神学、キリスト教史・迫害史、聖書など、9つに分類することができます。

キリスト教の代表的な本

『キリスト教の真実:西洋近代をもたらした宗教思想』(竹下節子著/筑摩書房)

竹下節子さん著で2012年に出版されました。西洋の根源にはキリスト教があります。キリスト教がどのように現代の西洋に影響をもたらしているかなどについて、ひも解いていきます。

『図説イエス・キリスト:聖地の風を聞く』(河谷龍彦著/河出書房新社)

2008年に出版されました。聖書の舞台となっているところを訪ね、イエス・キリストの生涯に迫ります。