ご希望の図書館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
図書館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

図書館情報

自然科学の本



自然科学は日本十進分類で4類に分けられます。自然科学とは自然に属している様々な対象のものを取り扱っている分野のことを指します。ここでは自然科学の本について詳しく見ていきます。

自然科学の本

自然科学の本

自然科学はさらに細かく分けることができ、自然科学、数学、物理学、化学、天文学・宇宙科学、地球科学・地学、生物化学・一般生物学、植物学、動物学、医学の10項目に分けられます。ここでは医学以外の分類について詳しく見ていきます。

数学(410)/物理学(420)

数学は代数学、数論、解析学など8つ、物理学は理論物理学、力学、振動学・音響学など8つに分類することができます。

数学/物理学の代表的な本

『とんでもなく面白い 仕事に役立つ数学』(西成活裕著/日経BP社)

2012年に出版されました。東京大学先端科学技術研究センター教授の著者が、「技術者が使わないともったいない数学」について授業形式で解説します。

化学(430)

化学は物理化学・理論化学、実験化学、分析化学、合成化学など9つに分類することができます。

化学の代表的な本

『図説錬金術』(吉村正和著/河出書房新社)

2012年に出版されました。16~17世紀のヨーロッパを中心に、錬金術の歴史と理論について検証していきます。

天文学・宇宙科学(440)

天文学・宇宙科学は理論天文学・数理天文学、実地天文学・天体観測法など9つに分類することができます。

天文学・宇宙科学の代表的な本

『江戸の天文学:渋川春海と江戸時代の科学者たち』(中村士監修/角川学芸出版)

2012年に出版されました。天文と暦に情熱を注いだ歴史上の人物について迫る一冊です。江戸の科学力・技術力について知ることができます。

地球科学・地学(450)

地球学・地学は気象学、海洋学、地震学、地形学など9つに分類することができます。

地球科学・地学の代表的な本

『なぜ地球だけに陸と海があるのか:地球進化の謎に迫る』(巽好幸著/岩波書店)

2012年に出版されました。地球は太陽系で唯一、陸と海がある星です。海の中で大陸が生まれるという新説を立てて、その謎に迫っていく一冊です。

生物科学・一般生物学(460)

生物科学・一般生物学は理論生物学・生命論、生物地理・生物誌、細胞学など8つに分類することができます。

生物化学・一般生物学の代表的な本

『どうして?なるほど!生きもののなぞ99:NHK子ども科学電話相談スペシャル』(NHKラジオセンター「子ども科学電話相談」制作班編集/NHK出版)

2013年に出版されました。ラジオ番組「夏休み子ども科学電話相談」の内容をまとめた一冊です。夏休みの自由研究に適しています。

植物学(470)/動物学(480)

植物学は一般植物学、植物地理・植物誌など、動物学は一般動物学、無脊椎動物などそれぞれ9つに分類することができます。

植物学・動物学の代表的な本

『生き物はすべてつながっている:地球に生きる仲間たち』(中川志郎著/河出書房新社)

2013年に出版されました。多摩動物公園園長や、上野動物園園長も務めた著者が考える、動物たちとの共存の仕方などについてまとめられています。