ご希望の図書館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
図書館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

図書館情報

医学・薬学の本



図書館の書籍は日本十進分類にしたがって分類されており、医学や薬学の本は4類の「自然科学」の項目のひとつです。医学、薬学の本について詳しく見ていきます。

医学、薬学の本

医学、薬学の本

医学の項目はさらに9項目に分けることができ、基礎医学、臨床医学・診断・治療、内科学、外科学、婦人科学・産科学、眼科学・耳鼻咽喉科学、歯科学、衛生学・公衆衛生・予防医学、そして薬学があります。それぞれの項目の代表的な書籍についてピックアップします。

基礎医学(491)

『脳のなかの天使』(V・S・ラマチャンドラン著、山下篤子翻訳/角川書店

2013年に出版されました。脳が進化していく中で生まれた人間らしさとはなんなのかについて、カリフォルニア大学サンディエゴ校脳認知センター教授の著者が迫っていきます。

臨床医学/診断・治療(492)

『長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい』(槙孝子著、鬼木豊監修/アスコム)

2013年に出版されました。新健康法としてふくらはぎマッサージを提案、併せて家でできるふくらはぎマッサージを写真とともに紹介していきます。

内科学(493)

『肩こりは10秒で治る:揉まない押さない引っ張らない』(佐藤青児著/祥伝社)

2013年に出版されました。肩こりに悩まされている人に対して、筋肉を緩めることでこりを消す方法を提案しています。美容に関する情報も載っています。

外科学(494)

『「ニオイ」は消える!』(池下育子監修/泰文堂)

2013年に出版されました。体臭についての具体的な方法を提案し、肌ケア、食事、衣類ケア、生活習慣という4つのポイントからアプローチ方法を紹介しています。

婦人科学、産科学(495)

『40歳からの女性の不調にやさしく効く漢方の本:体質チェックリストつき!』(松村圭子著/日東書院本社)

2013年に出版されました。アラフォー世代になると、不眠やいらいら、冷えなど女性ホルモンの低下によって様々な体のトラブルが引き起こされます。そんな体の不調に効く漢方を紹介していきます。

眼科学、耳鼻咽喉科(496)

『目がスカッと!耳がスッキリ!のツボ:すぐわかってできる。目と耳の健康ツボ・マッサージ』(立花愛子著/ビックサクセス)

2013年に出版されました。家で誰でもできるツボ押しを紹介する他、体の中から健康になるためのレシピを提案します。

歯科学(497)

『病気の原因を取りのぞく下あご力:病院では治らない病気が治る本』(上西雅一著/WAVE出版)

2011年に出版されました。病院では治らないと診断された様々な病気が下あごのずれを治すことで改善されるという新しい観点からとらえた健康実用書です。

衛生学、公衆衛生、予防医学(498)

『あなたを変える睡眠力:よく眠れて気持ちよく起きるための本』(坪田聡監修/宝島社)

2013年に出版されました。快適な睡眠を得るにはどうしたら良いのか、すっきりと目覚めるにはどうすれば良いかなど、様々な角度から睡眠法を紹介していきます。

薬学(499)

『ハーブの薬箱:英国流、メディカルハーバリストからの提案』(リエコ・大島・バークレー著/文化出版局)

2013年に出版されました。メディカルハーバリストの著者が基本的なハーブの知識とともに、生活の中でハーブを活かす方法を紹介していきます。