施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の図書館情報を無料で検索できます。

ホームメイト図書館リサーチ

図書館情報

司書とは



司書とは、図書館に駐在する専門職員のことで、図書館において様々なサービスを提供します。ここでは司書とは一体どんな仕事であるかを見ていきます。

司書とは

司書とは

図書館情報学についての知識と技術を身に付け、さらに図書館のサービスの仕事に携わる専門的な職員のことを司書と言います。

司書の仕事

司書の仕事はとても幅広いものです。資料の収集、整理、保管、提供に始まり、レファレンスの他、電子図書館の開発など図書館を利用する人たちのあらゆるニーズに専門的な知識でもって応えていきます。仕事は多岐にわたりますが、端的に言い表すと、図書館にある資料と利用する人たちをつなぐ存在と言えます。

司書の資格

司書の資格を取得するためには、いくつかの方法があります。司書課程もしくは司書教諭課程のある大学で取得したり、通信教育で取得できたりする場合もあります。また、大学で行なわれる短期の講習会で取得できる場合もあります。

日本の図書館司書

日本における「司書」は図書館法で定められた司書の資格を持っている人のことを言います。すべての図書館に司書がいなければならないという義務はないため、司書がいない図書館もあります。

図書館法に含まれない図書館(国立国会図書館や国立大学の図書館)では採用試験に司書の資格を持っていることが必須ではないため、司書ではない人が採用されることもあります。

館種別にどのような司書がいるのかを見ていきます。

国立図書館の司書

国立図書館の職員採用に、司書の資格を求められることはありません。採用後に本人の希望と適正から配属が決定し、調査業務や司書業務、一般事務などの部署に振り分けられます。司書という肩書は司書業務に配属された人に与えられますが、必ずしも司書資格を持っている訳ではありません。

公立図書館の司書

公立図書館では自治体によって司書の設置の仕方は異なります。一般的には司書の資格を持っている人を採用条件とする自治体と、そうでない自治体に分けられます。図書館法において、公立図書館に司書を置くことが望ましいとされていますが、必ず置かなければならない、という訳ではないため、自治体の人事の方針によって採用は異なっています。

大学図書館の司書

大学図書館の司書は国公立、私立の大学によって状況は異なります。国立大学では図書館学の知識を持った人を図書館に採用する傾向がありますが、公立大学では自治体によって様々です。これは公立図書館の採用の仕方に準じるところがあります。また、私立大学も、大学の経営方針によって司書の置き方は異なります。

学校図書館の司書

学校図書館の司書には、司書教諭という専門的な制度が定められています。学校図書館には司書教諭を置くよう定められていますが、現在は司書教諭の不足が指摘されています。