ご希望の図書館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
図書館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

図書館情報

司書への第一歩~司書講習



司書になるには、図書館学関係の科目が開講されている大学や短期大学で必要単位を修得するか、大学や高等専門学校を卒業後に司書講習を受ける必要があります。ここでは司書になるために必要なステップを紹介します。

司書になるためには

司書になるためには

司書になるには、司書の資格を得るための講習を受ける必要があります。この講習のことを司書講習と言います。その司書講習とはどのようなものなのか、具体的に見ていきます。

司書講習とは

司書講習は日本各地の大学で実施されています。その大学に通学している学生に対して行なう講習も、短期で外部の講習生を受け付ける講習もあります。

司書講習受講資格

司書講習を受けるには規定の条件を満たしていなければなりません。

  1. 大学に2年以上在籍し、62単位以上を修得している。
  2. 大学・短期大学・高等専門学校のいずれかを卒業している。
  3. 司書補として2年以上の勤務経験がある。

以上のいずれかを満たしていれば、受講できます。

司書講習の科目(2012年現在)

司書講習には必修科目と選択科目があります。

必修科目は以下の科目です。

  1. 生涯学習概論
  2. 図書館概論
  3. 図書館情報技術論
  4. 図書館制度・経営論
  5. 図書館サービス概論
  6. 情報サービス論
  1. 児童サービス論
  2. 情報サービス演習
  3. 図書館情報資源概論
  4. 情報資源組織論
  5. 情報資源組織演習

必修科目はそれぞれ2単位ずつです。

また、選択科目は以下の科目です。

  1. 図書館基礎特論
  2. 図書館サービス特論
  3. 図書館情報資源特論
  4. 図書・図書館史
  1. 図書館施設論
  2. 図書館総合演習
  3. 図書館実習

選択科目はそれぞれ1単位ずつとなります。選択科目の中から2科目と、必修科目合わせて24単位を取得すれば、資格習得となります。

ただし、大学生は大学を卒業するまで、司書補は勤務期間が通算3年になるまでは資格を得ることはできません。

司書講習における問題

司書講習における課題は、単位の認定が比較的甘いという点です。

受講する時間があれば取得しやすい資格とされています。現在では、図書館の職員だけではなく、夏季休暇を利用して、司書講習を受ける大学生も増えています。また、教員や学芸員とは違い、司書講習では実習は必須ではありません。それも司書資格を取りやすい一因となっています。

このような取りやすさから、司書資格を持っている人の数は非常に多く、年間1万人ずつ増えていると言われています。しかし、一方で司書資格を持たなくても勤められる図書館も多く、司書資格取得者を雇用する機関は多くありません。取得しやすいものの、就職とは結び付きにくい資格なのです。