ご希望の図書館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
図書館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

図書館情報

司書の歴史



図書館司書は図書サービスにおける知識を持った専門職員です。司書は、100年以上もの歴史ある資格です。司書の歴史について紹介します。

司書の歴史

司書の歴史

司書という仕事が誕生したのは1906年のことです。その誕生から見ていきましょう。

「司書」の誕生

図書館に関する最初の単独法令である図書館令は1899年に交付されました。それから7年後の1906年の改正により、公立図書館館長の下に司書が設置されることが定められました。当時、図書館は学校と同じような教育機関と位置づけられていました。そのため、図書館館長と司書も教員と同じ待遇が受けられることとなっていました。

1933年の改正

図書館令は再度1933年に改正が行なわれ、その際、司書についての記述も少し変わりました。図書館には「相当員数ノ司書」を設置することが定められたのです。しかし、具体的に司書がどのような仕事をするのかなどは記載されませんでした。

資格試験の規定

その後、1936年に「公立図書館司書検定規定」が定められ、その翌年に初めての試験が行なわれることとなります。

しかし、資格を取得すれば図書館で働けるという訳ではありませんでした。その一方で、明治憲法で定められた高等官である奏任官(そうにんかん)、下級官吏である判任官(はんにんかん)の経験者であれば司書になることが可能であると定められていました。戦争中は、専門知識を持っている司書よりも元官吏が登用されることが多くなりました。これは、司書よりも元官吏のほうが国策に忠実であると政府が考えていたからです。

戦後の司書

1950年には図書館法が制定されることになります。このとき、「司書は図書館に設置される専門的職員」という定義がはっきりと定められ、同時に司書に必要な資格要件も決められました。この規定によって、公立図書館に所属する司書は「司書の資格を持っている図書館員」という意味になったのです。しかし、私立図書館などでは資格を持った図書館を設置することが義務づけられていないため、これは公立図書館に限った話です。

現在の司書

現在、司書は、非正規雇用となっていることも多く、安定した職業とは言い難い状況です。これは司書職制においての問題のひとつと考えられています。公立図書館では非常勤職員、嘱託職員が採用されることが多く、同時に、定型的な図書館業務は外部に委託するケースが増えています。そのため、専任の司書を採用することはますます減っていくと考えられています。