施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の図書館情報を無料で検索できます。

ホームメイト図書館リサーチ

図書館情報

学校に駐在する司書~司書教諭



司書教諭は学校の図書館にいる司書の資格を持った教員のことです。司書教諭とはどういった資格なのか、その仕事内容などについて紹介します。

司書教諭とは

司書教諭とは

司書教諭については学校図書館法で定められています。学校図書館法は1953年に制定され、学校に図書館を設置することや、図書館の運営について記述されています。司書教諭も、学校図書館法において、小学校、中学校、高等学校の学校図書館に配置することが義務づけられました。

司書教諭の歴史

学校図書館法は1953年に定められましたが、実際に司書教諭が設置されるようになったのは、もう少しあとのことになります。これは、学校図書館法の附則第2項で当分の間は司書教諭を置かなくてもいいと記述されていたためです。

しかし、その後だいぶ時代が経ってから、1997年に学校図書館法が改正されます。この改正に伴い、司書教諭を置かなくてもいいのは2003年3月31日まで、と明確に定められました。2003年4月1日以降は学級の数が12以上の学校は司書教諭を置くことが義務づけられたのです。

司書教諭の仕事

司書教諭には以下のような仕事があります。

学校図書館資料の選択
学校図書館にふさわしい本を選びます。
学校図書館資料の収集
学校図書館にふさわしい資料を選んだ上で、それらの資料を収集します。
学校図書館資料の提供
生徒たちへ資料の提供を行ないます。
学校図書館資料の管理
膨大な資料の管理を行ないます。本来ある資料を踏まえて新しい資料を選択・収集する、非常に大切な仕事です。
子どもへの読書活動の指導
子どもたちの読書意欲を高めることを目的とし、日常において読書をする習慣がつくように指導します。

司書教諭になるには

司書教諭は、通常の司書資格を持っているだけではなれません。小・中・高校、特別支援学校教諭の免許状を持っているか、もしくは大学に2年以上在籍し、所定科目62単位以上を取得していれば、司書教諭講習を受講することができます。この講習を受講することで司書教諭の資格を得ることができます。

司書教諭における問題点

最初に学校図書館法が成立した時点で、当分は司書教諭を置かなくてもいい、という附則があったため、司書教諭の設置は遅れているのが現状です。2013年の段階でも、まだ司書教諭がいる学校は全体の半数です。特に、生徒数の少ない小さな学校では、あまり配置は進んでいません。このことから、司書教諭の不足が問題とされています。