ご希望の図書館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
図書館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

図書館情報

日本最大の子どものための図書館
国際子ども図書館



国立国会図書館は東京本館関西館、そして国際子ども図書館の3館から成り立っています。ここでは3館のうちの国際子ども図書館について紹介します。

国際子ども図書館とは?

国際子ども図書館とは?

国際子ども図書館は2000年に児童書専門の国立図書館として開館しました。これは日本初のこととなります。ここでは国際子ども図書館の歴史やサービスなどについて紹介します。

国際子ども図書館の歴史

国際子ども図書館は1906年に上野公園の中に建設された帝国図書館を引き継いでいます。1949年に国立国会図書館と組織統合されてからは国会図書館支部上野図書館として機能していましたが、東京本館が開館したと同時に、その役割が見直されるようになりました。これは、上野図書館にあった蔵書の多くが東京本館に移されたためです。その後は、特別コレクションなどの一部を提供するなどの役割を担うようになりました。

上野図書館の役割が見直されるようになったのは1990年代、関西館の建設が決定されてからです。当時、世の中では子どもの読書離れが深刻な問題となっており、そのことから児童書専門の図書館を建設してほしいという声が高まっている時期でもありました。そこで、国会図書館に所蔵されていた児童書を上野図書館に移し、国際的な児童書の施設として活用することが検討されるようになりました。1996年には「国際子ども図書館基本計画」が策定されます。そして、1999年に国際子ども図書館を設置することが決定しました。

国際子ども図書館は、上野図書館の一部を改修し、2002年に全面開館となりました。

国際子ども図書館のサービス

国際子ども図書館は、東京本館や関西館と異なり、年齢を問わず入館することができます。そんな国際子ども図書館のサービス内容について見ていきます。

閲覧サービス

児童書や関連する資料の閲覧、複写のサービスを提供しています。併せてレファレンスサービスも行なわれます。

子どもへのサービス

国際子ども図書館ということもあり、子ども向けのサービスも行なわれています。

子どものへや
子どもたちに読んでほしい本(絵本、読み物、知識の本、雑誌の本など)約11,000冊が所蔵されています。
世界を知るへや
世界を知るための本、約1,600冊が所蔵されています。

これらの部屋は誰でも入ることができます。他にも、子どものためのおはなし会、展示などが定期的に催されています。

見学・ツアー

幼稚園から高校までを対象に図書館のことをより知ってもらうためのツアーを行なっています。