ご希望の図書館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
図書館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

図書館情報

公共図書館とは



公共図書館は公共の機関や組織によって運営されています。しかし、公共図書館にはどのような目的や機能があるのかなどはあまりよく知られていません。公共図書館の定義やそのサービス内容について紹介します。

公共図書館とは

公共図書館とは

公共図書館は英語で「public library(パブリックライブラリー)」と言います。その名前通り、「public=公共」に開かれた図書館ということです。

公共図書館の定義

図書館法によると、図書館の定義は資料を収集し、一般に公開している公立・私立図書館のこととして定められています。公立図書館は都道府県または市区町村、私立図書館は日本赤十字社、一般社団法人、一般財団法人が設立したものと定義されています。しかし図書館法において、公共図書館という単語は使われていないため、法的にどのような図書館が公共図書館になるのかははっきりしない状態です。

しかし、私立図書館は専門図書館が多く、特定の人へのサービスを目的としている場合があるため、公共図書館=公立図書館となる場合があります。

公共図書館の数

2008年時点での、日本の公共図書館数は3,126です。蔵書数は約3億7,000万冊にのぼると言われています。公共図書館はそのほとんどが公立図書館ですが、それ以外では、成田山仏教図書館ライブラリー82、RICコミュニティライブラリー、高知こどもの図書館東京子ども図書館の他、アジア経済研究図書館、東洋文庫が挙げられます。

公共図書館のサービス

公共図書館でのサービスでは資料の貸出の他様々なものが提供されています。

資料の貸出

公共図書館では無料で所蔵されている資料を閲覧・貸出が行なわれています。図書館内だけではなく、館外への持ち出しも許可されているところがほとんどです。また、利用者が自由に書庫内から資料を取り出すことができます

地域の情報発信の場

公共図書館は市民への情報発信の場としての機能も持っています。その地域の催し物や討論会議の内容や日時が告知されていたり、市民が必要とする書類・チラシ(公共交通機関の路線図、確定申告の用紙、市民大学のパンフレットなど)が自由に持ち帰れるようになっていたりいます。

休館日について

多くの役所は、土日は休みになりますが、図書館では土日も開館しています。祝日に開館するかどうかは図書館によって異なりますが、土日に開館していることでより多くの人の利用が可能です。その代わり、平日に休館日が設けられていることが多いため、利用する際は注意しましょう。