ご希望の図書館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
図書館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

図書館情報

横浜市立図書館の概要



一般の人たちに開かれた図書館として、公共図書館は多くの人に親しまれる施設となっています。ここでは横浜市立図書館の概要を紹介します。

横浜市立図書館とは

横浜市立図書館とは

横浜市立図書館は神奈川県横浜市に設立された市立図書館です。日本の市区町村の中ではもっとも蔵書数の多い図書館として知られています。

横浜市立図書館の歴史

横浜市立図書館は1921年に横浜市図書館として設立されました。これが横浜市立中央図書館の前身となるものです。横浜市立図書館は全部で18館の図書館から構成されています。1区に1館、図書館を設立することをめざしており、1974年に磯子図書館が開館、1994年に当初の目標であった1区1館を達成しました。

横浜市立図書館の利用状況

日本の市区町村では蔵書冊数が最も多い図書館です。以下、大阪市立図書館、さいたま市立図書館と続きますが、面積当たりの市立図書館数、蔵書密度で比較すると、3つの図書館の中では一番低い状態です。蔵書密度では、人口が多いこともあり、全国の市区町村の中で比較してみても低いものとなっています。また年間図書資料費で見ても決して多いとは言えません。

横浜市立図書館一覧

横浜市立図書館は全部で18館の図書館から成り立っています。横浜市の代表的な図書館は以下の通りです。

横浜中央図書館
市内初の中央図書館で、市立図書館の中央図書館としては、大阪市立中央図書館に次いで2番目の蔵書数です。
横浜市磯子図書館
市内で2番目の図書館として1974年に磯子センター内に開館しました。館内には斉藤栄さんなど、磯子出身の著者の作品を集めたコーナーがあります。
横浜市戸塚図書館
1978年に戸塚センター内に開館しました。「戸塚に図書館を作る会」などといった市民運動の結果、開館に至りました。
横浜市鶴見図書館
1980年に開館された公立図書館です。2010年の開館30周年に際して、「つるぽん」というマスコットキャラクターが誕生しました。
横浜市金沢図書館
1980年に開館し、2010年に30周年を迎えました。これを記念して、マスコット「りーどくん」が登場しました。
横浜市港北図書館
1980年に旧港北区役所の建物を活用し、開館しました。
横浜市都筑図書館
年間の貸出冊数が中央図書館よりも多く、年間入館数は中央図書館に次いで2位を誇っています。職員が熱心な活動を行なっていることでも知られている図書館です。
横浜市旭図書館
1986年に横浜市で10番目の図書館として開館しました。環境に優しい図書館づくりをめざし、図書館の屋上で緑化活動が行なわれています。