ご希望の図書館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
図書館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

図書館情報

名古屋市図書館の概要



公共図書館と呼ばれている図書館は、地域の人たちにとって、なくてはならないものとなっています。その中でも特に蔵書など充実している名古屋市図書館について紹介します。

名古屋市図書館とは

名古屋市図書館とは

名古屋市図書館は、愛知県名古屋市にある公共図書館です。鶴舞中央図書館を中心に、20の分館から構成されている名古屋市図書館の歴史や特徴などについて見ていきます。

名古屋市図書館の歴史

名古屋市図書館の始まりは、1923年に市立名古屋図書館の開館にまでさかのぼります。その後、1939年には、名古屋公衆図書館が名古屋市に寄付されました。

市立名古屋図書館、名古屋公衆図書館共に、第二次世界大戦時に焼失しましたが、戦後、1946年にはバラック小屋に閲覧室を作り、復興を果たしました。分館が増えていくと同時に、1950年に名古屋市図書館設置条例が制定されたのを機に、名古屋図書館は鶴舞図書館、名古屋公衆図書館は栄図書館に改称されることとなります(鶴舞図書館は1964年に鶴舞中央図書館に再改称されています)。

1964年に鶴舞中央図書館が誕生してからは、各区で図書館の設立が進んでいきます。現在は20の分館がある他、自動車による移動図書館も2台保有しています。

名古屋市図書館の利用について

鶴舞中央図書館のみ20時まで、他の分館は19時までの開館(オープン)となっています(平日のみ)。愛知県に在住、在勤、在学している人なら誰でも利用することができます。1人最大6冊まで借りることができ、貸出期間は2週間になります。

名古屋市立図書館一覧

名古屋市図書館は全部で20館から成り立っています。代表的な図書館を紹介します。

鶴舞中央図書館(1923年開館、1964年より現在の名前になる)
蔵書は名古屋市図書館の中では最も多く、名古屋図書館時代からの古資料も保存されています。
西図書館(1925年に開館)
当初は名古屋公衆図書館として開館し、1952年に西図書館に改称した図書館です。その後、1965年に西図書館に改称・移転開館(オープン)しています。「おひざにだっこのおはなしかい」や「英語のおはなし会」など、子ども向けの行事が盛んという特色があります。また、目の不自由な方向けの対面読書室があり、対面読書ボランティアによる対面読書のサービスを行なっています。
熱田図書館(1960年開館)
熱田区にある図書館です。もともと、熱田区の熱田神社の一角にありましたが、2001年に熱田駅前に移転しています。
南図書館(1964年開館)
刈谷市出身の株式会社太平製作所社長、田中均一郎さんの寄付により開設された図書館です。