ご希望の図書館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
図書館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

図書館情報

点字図書館、自衛隊図書室とは



私立図書館、公共図書館の他に日本には特徴ある図書館が数多くあります。その特徴ある図書館をいくつかピックアップし、紹介していきます。

点字図書館とは

点字図書館とは

点字図書館は点字図書を所蔵する他、所蔵している点字図書の貸出、点訳などを行なっています。図書館ではありますが図書館法には基づいておらず、障害者福祉の範囲となります。

日本点字図書館の歴史

日本点字図書館は1940年に設立された日本盲人図書館がルーツになっています。当初、点字図書は700冊でした。点訳奉仕運動が提唱されたことで次第に日本中の点訳された点字図書が蔵書に加わっていくようになりました。最初は借家からスタートした点字図書館でしたが、1943年には木造2階建図書館棟が開館します。戦後、1948年に焼け跡に図書館が再建され、日本点字図書館に名前が改められました。1955年には点字図書の製作、貸出が厚生労働省委託事業となったことで、日本点字図書館は全国の点字図書館の中央館的な役割と、点字出版所の役割を果たすことになりました。その後は海外のシステムを取り入れつつ、発展を続けています。

現在はレファレンス事業も行なわれており、データベースの作成も行なわれています。

主な日本点字図書館

日本にはいくつかの点字図書館があります。日本点字図書館の他、愛知県にある豊橋点字図書館(1968年開館)、岡山県にある金光図書館(1947年開館)などがあります。

日本点字図書館の様々な活動

日本点字図書館のホームページでは、目の不自由な方や見えにくい方が読書をしやすくなるようなグッズの販売も行なっています。音声読み上げソフトや、四角型ルーペなど、様々な商品が取り扱われています。

自衛隊図書室とは

自衛隊図書室は自衛隊の福利厚生施設です。自衛隊図書室の概要や蔵書について解説します。

自衛隊図書室の概要

防衛研究所の図書館は自衛隊員の福利厚生、教育のための施設です。防衛省図書館という図書館もありますが、これは国立国会図書館の支部図書館となるため、自衛隊図書室には含まれません。

蔵書は各図書室によって異なり、教育に関する図書が多い図書室もあれば、文学など、娯楽を提供するための蔵書が充実している図書室もあります。しかし、他の公共図書館や大学図書館と比べて、国防や軍事に関する図書が多いのは特徴のひとつと言えるでしょう。

海外の軍図書館

海外では陸軍が図書館の運営を行なっています。図書館の呼び方は国によって様々です。運営は司書の資格を持っている人が行なう場合が多いようです。移動図書館を利用している国もあります。