ご希望の図書館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
図書館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

図書館情報

バイエルン州立図書館とは



ヨーロッパでも有名な図書館のひとつに数えられる、ドイツのバイエルン州立図書館について紹介します。

バイエルン州立図書館とは

バイエルン州立図書館とは

バイエルン州立図書館はドイツのバイエルン州の州都にある図書館です。ドイツにおいて特に大きな図書館のひとつです。バイエルン州立図書館の歴史や蔵書について説明します。

バイエルン州立図書館の歴史

バイエルン州立図書館はバイエルン公アルブレヒト5世が設立しました。以前はヴィッテルスバッハ宮廷図書館という名でした。もとになる蔵書はバイエルン公が買い上げたヨハン・アルプレヒト・ヴィドマンシュテッターの蔵書です。その後、ヨハン・ヤコブ・フッガーの蔵書も買い上げ、さらに蔵書を増やしました。これが16世紀後半のことになります。フッガーからはスペインやイタリア、オランダで収集された本(約1万冊)、ハルトマン・シェーデルの蔵書から出た写本やインキュナブラ(西欧で当初作成されていた活字印刷物)が主な蔵書でした。

バイエルン州立図書館の建物

バイエルン州立図書館は、ドイツのバイエルン州、ミュンヘンのルートヴィヒ通りにあります。バイエルン州立図書館ができた当初、通りには大きな建設物や特徴的な施設がなく、市民から注目を浴びました。現在の建物が建設されたのは1832年から1843年にかけてのことです。フリードリヒ・フォン・ゲルトナーによって建築され、イタリアの初期ルネサンス様式建築が取り入れられました。建物は半円アーチで、ふたつの中庭があります。図書館内にはバイエルン王マクシミリアン2世像や、プリンツレゲント・ルイトポルト像などもあります。また、装飾された大階段もあり、厳かな雰囲気を感じさせます。建物は第二次世界大戦時に空襲を受け、建物の一部が破壊されましたが、戦後復元されました。

バイエルン州立図書館の蔵書

バイエルン州立図書館は約900万冊の書籍を所蔵しています。そのうち約90,200点が写本です。歴史的に貴重な写本も多くあります。これらの写本の蔵書目録は図書館員のヨハン・アンドレアス・シュメラーがまとめました。写本にはラテン語の古写本(『カルミナ・ブルーナ』『ミュンヘン降霊術手引書』)、ドイツ語の写本(『ニーゲンベルクの歌』『ムースピリ』)の他、ギリシャ語、スラブ語、装飾写本があります。定期購読雑誌とモノグラフのシリーズの蔵書数がヨーロッパ第二位を誇り、インキュナブラ(初期の活字印刷本)は世界最大クラスの蔵書数です。