ご希望の図書館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

図書館用語集

図書館用語集 図書館用語集

文字サイズ

  • 加除式資料
    かじょしきしりょう

    「加除式資料」とは、通常の図書とは異なり、製本せずに1ページごとに差し替えが可能な状態で構成された目録情報データベースのこと。主に国の法令集や判例集、地方公共団体の条例など常に最新のデータを追加したり、不要となった部分を適宜除去したりして、更新しておくことが求められる資料などに利用されている。主な体裁は、各ページのノドの部分に穴を開け、紐などで仮に綴じた状態が多く、ルーズリーフ式資料とも呼ばれる。通常の貸出規定では対応が難しいことから、参考図書コーナーに排架したり、貸出制限を設けたりしているケースも多い。出版社の中には、加除式資料に特化して書籍の制作、出版をしている会社もある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の図書館を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る