ご希望の図書館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

図書館用語集

図書館用語集 図書館用語集

文字サイズ

  • 巻号
    かんごう

    「刊記」(かんき)とは、日本や中国の古い刊本における出版に関する記述のこと。つまり、主に刊本(印刷された本、写本、版本)を出版するとき、場所、刊行者名などを記した部分を指す。本文など他と独立した形で出版に関する記載がされていれば、その場所にかかわらず刊記と言われるが、和漢古書の場合には巻末にあるのが通例であり、和漢古書においては刊記の中の一種が奥付(奥附)という位置付けになる。ヨーロッパの初期の印刷本でも刊記は巻末にあり、赤インクを用いたり、印刷者マークを添えたりする例も見られる。巻末や本文末に刊記を示すことが大半なので、広義において刊記は、いわゆる奥付にあたる。洋書においては、標題紙に相当すると言える。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の図書館を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る