ご希望の図書館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

図書館用語集

図書館用語集 図書館用語集

文字サイズ

  • 組合立図書館
    くみあいりつとしょかん

    「櫛型書架配置」とは、書架配置において、閲覧室の壁面に対して書架を垂直に、並列して配置するスタイルのこと。書架配置とは、図書館における書架の並べ方のことで、大きく分けると、片面書架を用いて壁面に沿って配置する壁面型と周辺型、開架室などの中央部に両面書架を並列して配置する並列型がある。壁面に沿ったラインとその壁面に対して直角になる位置に書架を排架する方法をアルコーブ型排架とも呼び、このアルコーブ型をいくつも並べた物を櫛型書架配置と言うこともある。櫛型やアルコーブ型は、壁面と書架によって凹型になったスペースの中に机や椅子などを置き、簡易的な閲覧スペースを設けることもできるなど、スペースを有効に活用できる点がメリット。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の図書館を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る