ご希望の図書館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

図書館用語集

図書館用語集 図書館用語集

文字サイズ

  • AV資料
    えーぶいしりょう

    「閲覧室」とは、利用者が館内で閲覧をするための部屋のこと。図書館の書籍や雑誌、新聞などを、椅子やソファに座って自由に読むことができる。ブラウジングルームとも呼ばれる。閉架式書庫の場合には、閲覧室には大抵机と椅子のみが配置されているが、開架式の場合には書架と閲覧席が一体になっている閲覧室が多い。大学図書館では学生や大学院生や教員が、学習や研究のために利用できる独立した閲覧室を設けていたり、ディスカッションができるグループ閲覧室があったり、「キュービクル」と言う研究用個室が設けられていたりと、様々なスタイルがある。また、特定の主題や学問分野に関する資料やサービスの提供を一元的に行なえるよう、分野ごとに部屋を分けた主題別閲覧室のスタイルを設けているところも。一方で、貸し出しを重視するようになった中小規模の公共図書館では、独立した閲覧室は縮小・廃止される傾向にある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の図書館を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る