ご希望の図書館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

図書館用語集

図書館用語集 図書館用語集

文字サイズ

  • MLA連携
    えむえるえーれんけい

    「絵本」とは、絵と文字で構成された、主に子ども向きの本を指す。童話のように長い話に挿し絵として絵が組み込まれているタイプの物、絵の占める割合が多く、文章も比較的しっかりと長い絵童話、おはなし絵本と呼ばれる物があり、中には絵だけで構成されている絵本もある。
    絵本の特性としては、絵を見ながら、文字を読み進めていくだけでストーリーが読み取れる連続性や、文章では表現されていない細かい部分を絵で表現している物語性、絵自体の芸術性を備えた書物であることなどが挙げられる。表紙が見えるように置くことのできる傾斜型専用絵本架や低書架に排架されることが多い。障害児向けに製作された布の絵本やさわる絵本もある。絵を主とした読み物は江戸時代からあり、一般には通俗的な婦女子向きの挿し絵本を指し、劇場番付挿絵本などとも呼ばれていた。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の図書館を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る