ご希望の図書館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

図書館用語集

図書館用語集 図書館用語集

文字サイズ

  • LCCN
    えるしーしーえぬ

    「MLA連携」(エムエルエーレンケイ)とは、Museum(博物館)のM、Library(図書館)のL、Archives(文書館)のAと言う3分野の頭文字を合わせた言葉。文化的情報資源を収集し、蓄積、提供する公共機関であると言う共通点を持つ博物館、図書館、文書館が連携・協力して様々な活動を行なうことで、情報資源のアーカイブ化など、課題の共有・解決に取り組んでいる。日本においてはもともと、博物館、図書館、文書館は、文化的、歴史的な情報資源の収集、保存、提供を行なう同一の組織であったが、資料の特性や資料自体の扱い方の違いなどに応じて機能が分化された。施設の融合や組織間協力は継続されていたが、資料のデジタル化、ネットワーク上で統合的に情報提供を行なう必要性などが高まり、3分野の協力、つまりMLA連携の重要性が高まっている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の図書館を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る