ご希望の図書館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

図書館用語集

図書館用語集 図書館用語集

文字サイズ

  • 館内閲覧
    かんないえつらん

    「観点分類法」とは、図書館で扱う書籍や雑誌、資料などを分類する方法のひとつで、事象そのものではなく、観点を優先する分類法。図書の分類は、日本十進分類法、デューイ十進分類法、国際十進分類法、コロン分類法など、知識の全分野を包括する一般分類表がベースになっている。大半の一般分類表においては、事象よりも主題分野を優先する観点分類法を採用。例えばパンに関する本の場合、件名で「パン」と検索して表示される本には、様々な分類の本がヒットする。観点分類法に基づいて考えると、ベーカリーに関する本とパンの作り方に関する本は見方が異なるため、分類も違うと言える。ただし、観点分類法の場合、事象が主題分野に分散してしまうという問題点もある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の図書館を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る