ご希望の図書館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

図書館用語集

図書館用語集 図書館用語集

文字サイズ

  • 所在記号
    しょざいきごう

    「所在」とは、ある資料が所蔵されている図書館や置かれているフロア、コーナーなどといった排架(はいか:並べる)場所のこと。図書館の書籍や資料を種類や形態別に分けて、位置を示す所在記号によって表される。総合目録における資料の所蔵館を示す所蔵記号や排架位置を示す請求記号などによって、その図書の所在が指定されている。例えば、自由に閲覧や借り出しができる「開架」、カウンターなどで請求して出庫してもらう「閉架」、DVDなどのメディアや大判の美術書、新聞がある「分室」など。また、日本全国の大学図書館など、学術文献の図書や雑誌が所蔵されている図書館を即座に検索できる総合目録データベース(NACSIS CAT)と言うシステムによって、研究者などの利用者は、最新の目録所在情報を簡単に入手することが可能になった。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の図書館を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る