ご希望の図書館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

図書館用語集

図書館用語集 図書館用語集

文字サイズ

  • 年鑑
    ねんかん

    「二次資料」とは、ある事項に関連する資料の中で、オリジナルの情報である一次資料をもとに編集した資料のこと。具体的には、一次資料を検索するための書誌、目録、抄録誌、索引誌などを指す。また、一次資料を編集、整理して解説を加えた辞書や便覧、百科事典、ハンドブック、図鑑なども二次資料に含まれる。二次資料の多くが電子化されており、インターネットで提供されることも少なくない。二次資料をさらに加工した物を三次資料と呼ぶこともある。図書や雑誌論文など刊行形態を主たる特徴とした資料区分や、文学・歴史などといった分野の区分とは異なり、図書館の実務においては通常、資料の分別をするための便宜的な区分として利用されている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の図書館を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る