ご希望の図書館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

図書館用語集

図書館用語集 図書館用語集

文字サイズ

  • マイクロフィッシュ
    まいくろふぃっしゅ

    「マイクロ資料リーダー」とは、「マイクロ資料」を拡大して読むための装置のこと。マイクロ資料とは、「マイクロフィルム」などのこと。マイクロフィルムとは、図書や雑誌、新聞、印刷された資料などのページを縮小撮影したもので、肉眼では読めないほど小さく縮小されて、そのままでは閲覧することはできないため、光を当ててレンズで拡大してスクリーンに表示する。その際に必要となるのが、マイクロ資料リーダーと呼ばれる映写装置なのである。マイクロ資料リーダーの性能が進化し、高解像度で精密に図面や細かな文字を映し出すことができたり、原稿の傾きを自動検知で補正できたりと、多彩な機能を搭載している。また、マイクロ資料をスクリーンではなく、紙に拡大印刷できる機能を付加したマイクロ資料リーダープリンターもある。図書館によっては、マイクロ資料の閲覧に専用の資料室などを設けている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の図書館を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る